ANDTEX2019
  ご来場いただき
  ありがとうございました。

【新着ニュース】

日本バイオプラスチック協会は環境に調和した資源循環型社会の新しい素材であるバイオプラスチックの技術確立と普及促進等をめざし、分析評価方法の確立、国際規格化、JIS規格化、用途開発のためのモデル事業の実施などを行っています。
バイオプラスチックは環境負荷が少なく、持続可能でより豊かな社会つくりに貢献します。

バンコクにて5月15日から17日に開催された東南アジア初の不織布・衛生用品技術展示会(ANDTEX2019)に出展しました。弊社ブースに200社以上来場いただき、大盛況の内に終了いたしました。

植物由来のバイオマスプラスチックを用いた、環境に配慮されたバイオマス・ポリオレフィン・スパンボンド不織布を発表いたします。再生可能なバイオマス由来物質を含む原料から合成されたバイオマスプラスチックは、バイオマスの持つカーボンニュートラル性から、それを焼却処理した場合でも従来の化石資源由来のプラスチックに比べると地球温暖化物質の一つである大気中の二酸化炭素の濃度上昇を抑制できるという特徴があります。

CLOMAは、地球環境の課題である海洋プラスチックごみの問題解決に向けて、より持続可能な使用やプラスチック廃棄物の削減につながる革新的な代替品の開発・導入普及を図ることを目指している。
https://cloma.net/
 

事業紹介
産業資材紹介産業資材紹介
パッケージ製品紹介パッケージ製品紹介
パッケージ素材・加工紹介パッケージ素材・加工紹介
ANEX2018お礼
会社概要会社概要

アクシスはまだ日系企業の進出が少なかった1990年代から中国へ進出し、不織布の製造プロセスを作り上げてきました。当時から現在に至るまで、常にコストダウンと高品質という相反する要望に対して、技術革新や設備導入によって応えてまいりました。 これまで中国・インドネシア・ベトナムに拠点を設けており、現在素材製造の主力はベトナムに、製品加工の主力は中国に置いております。海外製品の場合、低価格であるが素材及び加工の品質に問題があることが少なくありません。そうした中でアクシスは日本品質アジア価格を貫いてきました。御社の不織布・CPEフィルム製品のご用命の際は、ぜひ信頼のアクシスにお問い合わせ下さい。