アクシスはまだ日系企業の進出が少なかった1990年代から中国へ進出し、不織布の製造プロセスを作り上げてきました。当時から現在に至るまで、常にコストダウンと高品質という相反する要望に対して、技術革新や設備導入によって応えてまいりました。 これまで中国・インドネシア・ベトナムに拠点を設けており、現在素材製造の主力はベトナムに、製品加工の主力は中国に置いております。海外製品の場合、低価格であるが素材及び加工の品質に問題があることが少なくありません。そうした中でアクシスは日本品質アジア価格を貫いてきました。御社の不織布・CPEフィルム製品のご用命の際は、ぜひ信頼のアクシスにお問い合わせ下さい。